アンケートに必要な名簿は業者から入手しよう!

2018年02月27日

f7448c93b3a696fae9216c98b4e6888e_s
名簿がアンケートの内容を進化させます。業者が提供する名簿は業種や個人の嗜好など一般に考えられる多種多様の組み合わせで分析したものです。誰に向けたアンケートなのかをはっきりさせることにより、その条件に沿った名簿で欲しかった回答が得られるようになるのです。アンケートが成功するかどうかは、名簿の活用にあります。お客様の声を確実にキャッチし、反映させるための方法とアンケート後の名簿の取り扱いにも注目しています。

アンケートの成功可否は名簿の有無で決まる

アンケートには聞き取りや紙面、パソコンやスマホを利用したものなどいろんな形式で存在します。実はこのアンケートの内容や成功も名簿があるかないかで左右されます。アンケートをどの世代の誰に向けて発信するのか、一番欲しい答えに対するお客様のターゲットを絞るのに名簿が力を発揮します。新規のお客様の場合、属性を探るためにアンケートを取るという方法がありますが、専門業者の名簿はその条件の絞り込みが完了しているので省略でき次のステップへ進むことができます。新規のお客様へ向けたアンケートでは、深く掘り下げた内容まで尋ねることは難しいようですが、一度興味をもった商品や購入した顧客の名簿では、動機や今後どのようなサービスを希望しているのか、一歩踏み込んだアンケートが可能になります。分析力に優れた名簿でアンケートを成功に導きましょう。

名簿をアンケートで活用する方法

専門業者が取り扱う名簿は、業種や地域、年齢や嗜好まで幅広いジャンルで分析したものになっています。定期的に情報が更新され、鮮度のある「確かな情報」として提供されています。誰に向けたものなのかを明確にしたうえで名簿からアンケートを通じて意見を募り、その結果から商品やサービスが改善されたりアプローチの方向性が見えてくるようになると思います。名簿もそのままではなく、新しい情報は随時更新していくようにしましょう。回答の結果を加えていくことで情報の層に厚みをもたせることができます。アンケートの結果と実績、名簿の情報の更新で、会社だけのオリジナル顧客名簿ができあがります。年齢で嗜好が違うようにターゲットを絞り込んだアンケートの声は開発やマーケティングの大きなヒントになるかもしれません。目的に合わせた名簿選びと活用がプラスの結果を生みます。

アンケート後の名簿はどう取り扱えば良いの?

アンケートの回答結果から、名簿の情報にさらに加えてリストアップしていきます。表には出てこない「声」がアンケートには書かれていることが多く、名簿にその情報をプラスすることで顧客リストとしての価値やリピート率が向上します。名簿で分析し細かい情報がつかめるということは、フォロー対策にもつながり無駄な費用も抑えられ継続的なアプローチになっていくのです。アンケートの結果を加味したあとの名簿は、その後も手を加える度に会社にとっての価値が高まっていくことでしょう。一度アプローチをして思うような結果にならなかった名簿は無期限で眠らせておくものではなく、時期をみて再アプローチをしてみましょう。以前は反応がなかったところでも状況が変わっているかもしれません。今必要だと思っているお客様は必ずどこかにいるということです。

最後に…

一歩先に進んだ内容のアンケートにするために、ターゲットを絞った名簿を活用しましょう。業者が取り扱う名簿は入手先や属性といった細かな項目で情報を分析し保有しているものを提供しています。名簿はアンケートの結果や実績を加えて随時更新していきましょう。そうすることで会社オリジナルの顧客名簿として価値が上がっていくのです。名簿でターゲットを絞り込みコストの削減、さらに表にはなかなか出てこないアンケートの声は今後の商品の開発やマーケティングへのヒントになるかもしれません。一度結果が思うように出なかった名簿はそのまま眠らせるのではなく、時期をみて再度アプローチをしましょう。状況は常に変わっています。目的に合わせた名簿選びと活用が、新規顧客の開拓と継続的なフォロー対策につながります。

株式会社スクエアについて

弊社は名簿販売、買取、データ出力を行っています。
他社と比較にならない営業実績がある為、お客様のニーズに合わせた的確な名簿をご提案致します。
また常にデータのクリーニング・メンテナンスを行っているので情報が古い・質が悪い名簿はありませんので最新尚且つ最良な名簿をご提供致します。他社で断られた名簿についての案件やご依頼にも柔軟に対応しますので、まずはお気軽にご相談下さい。