企業名簿の買取相場

2018年12月10日

documents-3816835_640
近年重要性が増してきたダイレクトマーケティング。数々のメリットが得られるマーケティング方法のひとつですが、民間企業などの名簿からの情報を使うことにより、マーケティングのベース作りの手間が省けるだけではなく、ターゲットの絞り込みにかける時間を削減することにより、従来かかっていた人件費の削減やマーケティングに伴う業務の効率化を図ることが可能となります。今回は、企業名簿の買取相場や内容などについて、ご案内していきたいと思います。

企業名簿の相場はどれくらい?

民間企業などの企業名簿は、ダイレクトマーケティングにおいて有効性の高い資料になることなどから、さまざまな種類がある名簿の中でも需要が高い名簿の中のひとつとなっています。それぞれの名簿が発行された時期や名簿に収録されている情報量などにも左右されますが、一般的には、一冊5000円程度が買取相場となっており、発行年数が新しくなればなるほど買取価格が高額になる傾向にあります。企業名簿の内容をデジタルデータで取得することができるため、あらかじめターゲット層をある程度絞り込んでからの抽出も可能ですし、今までターゲットを見極めるために発生していた時間を大幅に短縮することも可能です。また、デジタルデータの利便性を生かし、大量のデータを社内で共有したり、さらなる業務効率化のためにデータを展開したりといったことも可能になります。

無料の名簿もある?

マイナンバー制度が適用され、国民の1人1人に個人番号が付与されたのと同じように、1つ1つの企業にも法人番号が付与されていることをご存知の方も多いのではないでしょうか。個人情報として非公開が約束されている個人番号(マイナンバー)とは異なり、企業番号(企業ナンバー)を含めた基本的な企業情報については国税庁による公開がされており、オンラインでも無料で閲覧することが可能となっています。法人番号はもちろん、法人名を日本語・英語で検索できるほか、法人の種別、所在地、資本金、従業員数なども検索できるようになっていますので、ぜひ活用されてみることをおすすめします。しかし、それぞれの企業に属している詳細な個人情報などを手に入れることはできませんので、より詳細な内容がご必要な際には、やはり企業名簿の買取をおすすめします。

名簿買取業者以外から入手する方法はある?

名簿買取を専門にしている業者にもいくつかありますが、そもそも企業名簿を専門業者以外から取得する方法があるのか、という点にご興味をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。個人が提供している企業名簿のデータベースなどもあるようですが、日本国内には、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)が存在しますので、正規ルートからの取得がやはり安全な方法と言えます。個人情報取扱事業者として、正式に、個人情報保護委員会に届け出ていない事業者などから、企業名簿や類似名簿を取得した場合は、後々大きなトラブルにつながる可能性もありますし、不正なルートを辿ってきた情報である可能性も大いにあります。安心で安全な取引のためには、やはり細心の注意が必要になりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

まとめ

企業名簿についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。企業名簿は、顧客獲得への効果的な手法であるダイレクトマーケティングなどに対する利用価値が高い資料の代表的なものです。有意義に使うことでさまざまメリットを得ることのできる企業名簿を、ぜひ日々の業務の時間短縮や効率化のために役立ててみてはいかがでしょうか。しかし、個人情報の一種である以上、きちんとした入手方法で取得することが必要になります。多彩な実績を持つ当社では、企業名簿のほかにも各種の名簿を取り扱っておりますので、ぜひ目的に応じてご検討いただければと思います。

株式会社スクエアについて

弊社は名簿販売、買取、データ出力を行っています。
他社と比較にならない営業実績がある為、お客様のニーズに合わせた的確な名簿をご提案致します。
また常にデータのクリーニング・メンテナンスを行っているので情報が古い・質が悪い名簿はありませんので最新尚且つ最良な名簿をご提供致します。他社で断られた名簿についての案件やご依頼にも柔軟に対応しますので、まずはお気軽にご相談下さい。