優良な名簿買取業者とそうでない業者の見分け方

2018年11月18日

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_PASONAZ160306230I9A1809
名簿買取業者、と聞くとどんな業者をイメージしますか?何となく、違法性が高い業者、というイメージが付きまといがちではないでしょうか。確かに、悪質な名簿買取業者は存在しますが、しかし名簿買取という行為自体は、個人情報保護法を遵守し、それに則ってしっかりと管理しているならば、決して違法な行為ではありません。優良な買取業者もたくさん存在します。このページでは、優良な買取業者とそうでない業者の見分け方についてご紹介しています。名簿を初めて購入するという人は、是非当ページを一読してみてください。

個人情報保護委員会への届出

優良な名簿事業者見分けるには、個人情報保護法によるオプトアウトの届け出を済ませているかどうかが焦点となります。個人情報を取り扱う際に、情報の身元から直接同意を得た上で第三者に情報を渡す事を、オプトインと言います。一方、情報の身元から直接的な同意を得られずとも、情報が第三者に知られる事が知らされている、または認識している状態にしておき、これに反対が出なければそのまま同意を得たと見なす方法を、オプトアウトと言います。情報が第三者に渡る事を避けたい場合は、情報を停止、データの削除申請も可能です。2017年、改正個人情報保護法が施行され、名簿取り扱い事業者は、オプトアウトの手続きが義務付けされました。悪質な買取業者は個人情報保護法を遵守せず、オプトアウトの手続きも行っていません。

個人情報保護法の厳守

優良な名簿買取業者は、個人情報保護委員会への届け出をしている筈です。個人情報保護法とは、個人情報を取り扱う民間の事業者が遵守するべき法律を意味します。個人情報保護法の主な法令は、安全で適正な管理を行う事項、利用、取得に関する事項、第三者への提供に関する事項、開示等に関する事項などが記されており、個人情報を扱う企業は、これらの事項を全うする義務を負います。個人情報そのものを扱う名簿買取事業者。特に細心の注意を払わなければならない筈ですが、中にはこの法令を無視し、不適正な管理体制のままに営業を行っているところもたくさんあるのです。違法な個人情報であれば、たとえその事実を知らずに名簿を購入したとしても、購入者側も保護法を違反した罪に問われる可能性があります。自らが法を犯さない為にも、個人情報保護法を遵守している事業者を選びましょう。

口コミも大切

最後は何と言っても口コミです。たとえどれだけHPや広告で実績を掲げていたとしても、悪質性の高い業者であれば簡単にばれてしまいます。現代はネットやSNSで噂が出回り、どの企業であっても評価の対象にされています。より良いサービスを心がけている業者であれば、良いイメージの言葉ばかりでなく、禁止事項や、企業にとって不利益を生じる事項についても晒している筈です。個人情報を扱うというのは、それだけシビアな事であり、たとえお金を払った客という立場であっても、遵守しなければならない事項がたくさんあります。それらの禁止項目について明記している企業は、自ずと信用が出来るかと思われます。口コミサイトなどで優良企業を選ぶのもいいですが、口コミサイトもピンからキリまで存在します。中には良い口コミしか記載していないサイトもある為、まずはどのサイトが信用できるのかを判断した上で探す方が良いでしょう。

まとめ

優良な名簿買取業者の見分け方は、個人情報を遵守しているかどうか、これに尽きます。その情報が全て不正行為によって採取され、管理されている情報であるならば、買い取った側にも罪が発生してしまいます。初めてサービスを利用するという場合は、特に優良企業かどうかを見極める必要があるのです。見極め方として、HP上の誤字や脱字、サイト構成が分かりやすいかどうかなどをチェックしておくのもおすすめです。見やすく綺麗なHPは、信用性の高い業者であると言えるでしょう。

株式会社スクエアについて

弊社は名簿販売、買取、データ出力を行っています。
他社と比較にならない営業実績がある為、お客様のニーズに合わせた的確な名簿をご提案致します。
また常にデータのクリーニング・メンテナンスを行っているので情報が古い・質が悪い名簿はありませんので最新尚且つ最良な名簿をご提供致します。他社で断られた名簿についての案件やご依頼にも柔軟に対応しますので、まずはお気軽にご相談下さい。