効率的に必要な名簿を入手する方法

2018年03月07日

act-2762638_640
会社の大切な財産にもなる名簿。膨大な情報の中から必要なものだけを集めるために、できれば短時間で効率良く集めたいと考える人も多いと思います。一度業者から手に入れた名簿を、今後自社の役に立つ顧客名簿にするためにも、無駄だと思われる要素はなるべく取り除いた状態で入手する必要があります。 では、効率的に自社に必要な名簿を手に入れるためにはどのような方法があるのでしょうか。ネットで検索すると様々な名簿業者がありますが、その中から会社にとって有効な名簿を探し出しましょう。

必要に合わせた名簿の収集

お客様へアプローチする際に「誰のための情報なのか」属性やターゲットをはっきりさせる必要があります。そのためには、目的に合わせた名簿を収集することが大切です。例えば新商品のお知らせや、エリアごとに店舗にお誘いをするもの、お得意先への特別な案内など、ターゲットを導き出し名簿の内容を絞り込んでおくのがポイントです。業者が用意している名簿は細かい区分に対応しています。どこまで対応できるかは、相談窓口を設けているところに遠慮なく尋ねましょう。名簿業者のホームページを見ると、サンプルの提供があったり実際の絞り込みに使われている区分を公開しているところがあります。名簿は数が多ければよいというものではなく、情報の質が問われます。こちらが欲しいと思っている情報に一番近い名簿を用意できる業者を探すことが会社にとって「ずっと使える名簿」を手に入れることになるのです。

需要に合わせた名簿とは

人それぞれに好みがあるように年代別、性別、企業別で求めているものが違います。需要に合わせた名簿とは、お客様が求めているものと会社が提供する商品の内容が合致したものになります。子育て世代が気にするのは、我が子に対する教育内容やみんなにとってプラスになる話です。子育てが一段落すると今度は自分の老後や趣味、体の健康についてといった自分にとって有益な話を求めていきます。企業では社員のニーズに応えられるものなど、お金の使い方も時間のかけ方も、世代で価値観や考え方が違いますし流れが変わります。流行や嗜好の需要の変化は、独自でリサーチするほかにネットやメディアを通じて収集し、常につかんでおきましょう。その上で時期やタイミングをみながらアプローチし、前もって分析している名簿を合わせて活用していくことが顧客を増やすチャンスになるのではないでしょうか。

効率的な収集とは

新たなマーケティングを展開するときに用意したい役に立つ名簿。テレビで話題になっていることは、みなさんも気になる情報として日ごろネットなどで検索していると思います。同じように世の中の流行や嗜好に合わせて名簿業者に寄せられる情報も更新され常に変化しています。効率的な収集とはどのような方法があるのでしょうか。マーケティングを行う際の分割方法としてターゲットを地域別や家族構成など統計でみたものや、心理的な要素が含まれる嗜好や価値観、興味関心に分けたもの、新規のお客様か見込み客なのか、商品やサービスの内容に対して購買心理が肯定的か否定的なのかを基本に柔軟に対応し絞り込んでいきます。業者の提供する名簿が、そのまま会社にとって「いい名簿」になるわけではないのでそこからのスクリーニングも必要です。商品を購入するお客様を意識した条件を洗い出し、業者の絞り込み可能な区分を知った上で、数社を比較しながら名簿の収集を心がけていくと良いでしょう。

まとめ

効率良く質の高い名簿を入手するためには、数ではなく絞り込む条件が重要になってきます。業者の得意分野をみるためにも購入前にサンプルで試したり、積極的に相談窓口を利用しましょう。「誰のために何の目的で勧めるものなのか」という条件を事前にしっかりと把握することが、欲しい情報を手に入れる近道なのです。名簿の情報と独自のリサーチでお客様のニーズに答えられるように、ネットの検索ワードのチェックやメディアから情報を収集するなど常にアンテナを張っておきましょう。

株式会社スクエアについて

弊社は名簿販売、買取、データ出力を行っています。
他社と比較にならない営業実績がある為、お客様のニーズに合わせた的確な名簿をご提案致します。
また常にデータのクリーニング・メンテナンスを行っているので情報が古い・質が悪い名簿はありませんので最新尚且つ最良な名簿をご提供致します。他社で断られた名簿についての案件やご依頼にも柔軟に対応しますので、まずはお気軽にご相談下さい。