名簿を使ったダイレクトマーケティングが有利な理由

2018年10月09日

office-3295556_640
不特定多数の顧客を相手にするビジネスの命綱となるのが、顧客名簿です。自社が提供するサービスに見合った顧客の名簿を活用することで、より顧客の需要に沿うことができるようになり、顧客との信頼関係の構築が期待できます。そこで活用すべきなのが、顧客名簿の販売業者です。目的に合致した顧客名簿を選び、買取することで、即座にダイレクトマーケティングを実行できます。ここでは、名簿業者を利用するメリットやその信頼性、自社で名簿を作成する場合の手数について説明します。

ターゲットを明確にしたうえでアタックする

名簿を利用した場合のダイレクトマーケティングの利点は、ターゲット層の情報が明確になることです。業者が様々な方面から買取を行い、販売する名簿は、年齢層や生活環境、おおよその収入、職業、嗜好など、各種データによってまとめられています。そのため、現在はサービスの存在をはっきり認識していないが、告知されれば利用する可能性の高い潜在顧客層に直接働きかけることができます。またアンケートなどで、資料などを請求した見込み顧客、商品を購入した既存顧客のニーズを掘り下げることにより、さらに顧客層に合わせた高度なサービスを追求することができます。さらに個々の顧客の購買傾向なども把握しやすいため、顧客層全体ではなく、個人の要望に合わせたサービスも可能になります。このように細やかなサービスが実現できることで、マーケティング対象になった顧客層がリピーターとなり、継続的なサービスの利用が見込めるのが大きな特徴です。

自社でリスト化するとどのくらいの時間がかかるのか

ダイレクトマーケティングを行う顧客名簿を、名簿業者から買取せず、自社で作成することも不可能ではありません。ただ、そのためには最初に大々的な広告活動を行い、サービスの存在を不特定多数に認知させる必要があります。その上で実際にサービスを利用した顧客の情報を集め、データを蓄積していきます。しかし当初は、アンケートなどによる住所や家族構成、嗜好などの簡単な顧客情報しか集まらず、詳しい情報はサービスの継続利用に合わせ、手探りで確認していかねばなりません。顧客が数回程度でサービス利用をやめることもあり、また年月の経過によって当初集めた顧客の情報が変化することもあります。地域密着型の個人事業主など、顧客層が限られる小規模な事業ならともかく、全国的に展開する大規模事業では、信頼できる顧客リストの作成だけでも、短くても数年単位の時間と、大変な手間が必要になります。

業者が提供する名簿リストの信頼性

名簿販売業者は、適法の範囲内で、様々な手法を駆使して各種名簿の買取を行っています。また名簿を定期的にチェックし、重複する名前の削除や、市町村合併による住所変更、調べられる範疇での個人情報の変化などを踏まえ、常に最新の情報へと更新し続けています。これをデータクリーニングといいます。中には自社独自の顧客リストを所有する企業からの依頼で、名簿のデータをクリーニングするサービスや、ニーズに合わせて別々の名簿を融合した新規名簿の作成、名簿と合わせてテレアポ用リスト、DM用宛名シールなどを用意する業者もあります。また現在ではインターネットを利用し、特にビッグデータを活用することで、より広範で正確な顧客データを集めることが可能になっています。名簿業者を利用すれば、リスト作成にかかる時間と経費を大幅に削減し、即座にダイレクトマーケティングを行うことができます。

まとめ

ビジネスにおけるダイレクトマーケティングは、自社のサービスに合致した適切な顧客名簿に基づいて行えば、非常に高い効果を望める手法です。しかし、一から顧客リストを作成するには、初期投資と、そこから多大な手間と時間がかかるため、自社でゼロから始めるのは難しい側面もあります。そこで名簿販売業者を利用して、適切な名簿を買取することで、リスト作成の経費と手数を省くことができます。現在のダイレクトマーケティングにおいて、名簿業者の利用は必須といえるでしょう。

株式会社スクエアについて

弊社は名簿販売、買取、データ出力を行っています。
他社と比較にならない営業実績がある為、お客様のニーズに合わせた的確な名簿をご提案致します。
また常にデータのクリーニング・メンテナンスを行っているので情報が古い・質が悪い名簿はありませんので最新尚且つ最良な名簿をご提供致します。他社で断られた名簿についての案件やご依頼にも柔軟に対応しますので、まずはお気軽にご相談下さい。